パニエとは?

パニエとは、ドレスのスカートを膨らませ、スカートラインをきれいに見せるための、いわば、スカートの下の下着です。チュール生地を幾重にも重ねたり、ボーン入りのものなど様々な長さや形があり、パニエの大きさや形次第でスカートのボリュームやシルエットを自在に出すことができます。


もともとは、18世紀、ヨーロッパの婦人がスカートを広げる為に使っていた腰枠形式のアンダースカートが始まり。着こなしを美しくし、スカートの着装を補助的に整える金属輪であり、フランス革命まで様々な形式(円卓形・楕円形・荷かご形)が作られていました。

パニエとはフランス語で「かご」「バスケット」という意味です。昔は鯨の髭を使い、非常に高価なものだったそうですが、現在は、ワイヤーを使い、軽くてたためる便利なパニエが主流です。



パニエお役立ち情報

失敗しないパニエの選び方

パニエを履いた時と履かない時のドレスシルエットの違い

ワイヤーパニエを履いて座ることは出来る?

ワイヤーパニエのたたみ方

パニエのサイズ調整方法(ウエスト/長さ/ワイヤーの大きさ)

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録