パニエのサイズ調整方法

「パニエのふくらみを小さくする」へ
「長すぎるパニエを短くする」へ
「ウエストをきつく / ゆるくする」へ

 

●パニエのふくらみを小さくする 〜ワイヤーの調節〜


大きさを調節したいワイヤーを、パニエの内側開口部から引き出します。


1つあるゴムの留め具の一つから、ワイヤーの端を外します。

もう一つの留め具が出てくるまでワイヤーを引き出し、Step2と同様に留め具からワイヤーの端を外します。

リングがお好みの大きさになるまで、ワイヤーを引っ張り出します。

*ナイロンレイヤーにはギャザーがよりますが、パニエの機能に問題はありません

リングの大きさが決まったら、ワイヤーの両端をゴムの留め具に戻します。

出来上がり!

 
●長すぎるパニエを短くする 〜裾上げ〜


チュールレイヤーをたくし上げ、パニエのナイロン生地レイヤー(ワイヤーの入っているレイヤー)をお好みの長さにまで上げ、待ち針で留めてゆきます。


ぐるり1周留め、長さを確認します。

長さを確認したら、マチ針で留めた部分を、針と糸でざく縫いします。
(縫い物が苦手な人は、安全ピンなどで留めてもOK!)

ぐるり一周ざく縫いをし、マチ針を全て取ったら、外側のチュールレイヤーを下ろし、ナイロンレイヤーに合わせて裾を切ります。 チュールはほつれませんので、縁の処理は不要です。

出来上がり!

 
●ウエストをきつく / ゆるくする 〜ウエスト調節〜



ウエストは、金具で5段階の調節が出来るようになっています。また、ウエスト部分はゴムで出来ていますので、伸縮性に優れ、幅広いサイズに対応できるようになっています。

パニエを履くときには、金具をはずします。



一番きつく留めた状態です。

金具の切れ込み部分を差込むだけで簡単に装着できます。

5段階のちょうど真ん中に留めた状態です。

一番ゆるく留めた状態です。

腰上部のナイロン生地に隙間が開きますが、パニエとしての機能に全く問題はありません。

 
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録